マっサージ 足 疲労

マッサージで足の疲労を回復!痛む箇所で問題点がわかる?

スポンサードリンク

“足は第2の心臓”と呼ばれているのをご存じですか?これは、足が血液を送り出すポンプに似た働きをしているからです。血液は、心臓から足の先まで運ばれます。その後、血液を心臓に戻すときに使われる筋肉が足なのです。

 

ですから、足のマッサージは全身の血行促進になり疲労を回復させると言われています。ここでは、自分でも出来る足のマッサージ方法についてご紹介します。

 

【足のマッサージは自分でも出来る】
背中と違って、足は自分の手が届く位置にあります。そのため、セルフでマッサージすることが可能です。手軽に始めることが出来ます。

 

足には、沢山のツボが存在します。特に、足の裏のツボは全身の各器官の疲労と関連しています。よって、痛い箇所から体のどの部分が疲労しているかを知ることが出来るのです。

 

◆かかと
かかとを押して痛いときには、生殖器関係が疲労しています。女性は、ホルモンバランスの崩れも考えられます。

スポンサードリンク

◆土踏まず
土踏まずが痛いときには、消化器官関係が疲労しています。十二指腸や、胃腸の不調があるかもしれません。食生活が乱れると痛みが出る箇所です。

 

◆親指
脳や目が、疲れていると痛みます。パソコンや、スマートフォンの使いすぎでも痛む箇所です。

 

他にも足の裏には、60ものツボがあると言われています。このツボを押す、マッサージすると各部位の疲労回復が期待できると言われています。

 

【ふくらはぎのマッサージ】
マッサージは、足の裏だけではありません。ふくらはぎも、マッサージで疲労を回復できる箇所です。

 

人の体は、血液の70%以上が下半身に集中していると言われています。ふくらはぎをマッサージすることで、全身の血流を改善出来ます。
疲労でおこる足の浮腫みも改善されるのです。

 

◆ふくらはぎのマッサージ方法
ふくらはぎのマッサージは、下から上に、足首から膝裏に向かって行います。両手で挟むようにふくらはぎを掴んだら、指で押しながら上に向かって動かします。滑らせるようにするために、ボディオイルなどを利用することもお奨めです。イタ気持ちいい程度の感覚で、マッサージしましょう。

 

足のマッサージは、自分で出来る健康法です。短時間で手軽に出来るので、習慣化して疲労を溜めないような身体作りを始めましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加