疲労回復の方法で即効性が期待できるものとは?知っておけば安心

スポンサードリンク

“疲労”は、病気ではありませんが大変辛い症状です。時には、口では言い表せない苦痛を伴います。疲労回復方法はたくさんありますが、皆さんはどのように工夫されていますか?ここでは、“今すぐなんとかしたい!”と切望されている方に、即効性がある疲労回復の方法をご紹介します。

 

【疲労回復に即効性があるのは睡眠です】
疲労回復に即効性があり、効果が確実である方法は“睡眠”です。そこで、さらに効果的だと言われている“2つの方法”をご紹介します。

 

◆昼寝をしましょう
疲労回復には、昼寝がおすすめです。昼寝は、昨今医科学的にも注目されています。学校や会社で昼寝の時間枠をとって、一斉に昼寝を行うところも出てきています。

 

昼寝時間は、10〜30分以内が疲労回復によいと言われています。少しの時間で、リフレッシュが可能なので是非試してみましょう。

スポンサードリンク

◆夜の睡眠の質をあげましょう
夜の睡眠の質をあげましょう。睡眠は量より質が大事です。“たくさん寝ているのに疲れがとれない”という方は、睡眠の質が低下しています。睡眠の質を上げるためには、入眠効果のあるメラトニンというホルモン物質を分泌させる必要があるのです。

 

〈メラトニンを分泌させて質のよい睡眠に導く〉
メラトニンの分泌を促進させるには、次のような工夫がオススメです。

 

・消灯する
明るい光は、メラトニンの分泌を阻害します。電気は必ず消灯して、暗い状態で入眠しましょう。

 

・音を遮断する
入眠後3時間は、無意識でも周りの状況に敏感です。そして、メラトニンの分泌も妨げてしまします。そこで、耳栓を利用しましょう。

 

このように、音と光を遮断することでメラトニンの分泌を促し、質のよい睡眠が出来ると考えられています。質の良い睡眠がしっかりとれると、翌日に疲れが残らないという身体のリズムが出来てしまうのです。

 

ここまで、即効性のある疲労回復の方法をご紹介しました。しかし“この数時間をなんとかしたい!”ということもあります。そんな短時間の疲労回復には、コーヒーや栄養ドリンクがおすすめです。コーヒーには、覚醒作用があります。

 

そして栄養ドリンクは、疲れによいビタミン類が配合されています。しかし、これは一時的な作用です。反動で、その後に疲れが増すこともあり得ます。根本的に疲労回復を願うなら、しっかりと睡眠をとることが重要と言えるのです。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加