筋肉 疲労 メカニズム

筋肉疲労ってどうして起こるの?簡単なメカニズムをご紹介

スポンサードリンク

 いつもより少し気合いを入れて運動すると、当日か翌日に筋肉の痛みを感じることがあります。
これは、筋肉を構成する「筋繊維」が傷付き、筋肉疲労を起こしているのです。

 

痛みというものは、原因が分らないと不安になることがあるでしょう。
筋肉疲労は、一体なぜ起こるのか知りたい人もいるはずです。
そんな人のために、分りやすく筋肉疲労のメカニズムについて解説します。

 

【原因は乳酸ではなくて筋繊維の損傷】

 

今までは、筋肉疲労の原因は、「乳酸」だと考えられてきました。
乳酸は、長時間の運動で身体にだるさやハリ・コリを感じさせる疲労物質です。

 

しかし、乳酸は少しくらいの蓄積なら疲労の回復を早めるとされています。
つまり、必ずしも絶対的な悪役ではないのです。

 

現在のところ、最有力な説とされているのが、「筋繊維の損傷」です。
筋肉は、大きく分けて3種類からできています。

 

・骨格筋
・心筋
・内臓筋

 

おもに筋肉疲労を起こすのは、骨格筋とされています。

 

筋肉が耐えられないほどの急激な運動をした後は、筋肉を支える繊維が傷付きます。
この傷付いた繊維を修復するために、炎症が起こるのです。
このメカニズムは、発熱して体内の菌と闘う風邪の治し方と同じです。

スポンサードリンク

 

【炎症で痛みの原因物質が生まれる】

 

筋肉疲労が蓄積されると、筋肉痛に襲われます。
これは、筋繊維の修復のために起きた炎症が原因です。

 

この炎症で、「痛みの原因物質」が生まれます。

 

・ブラジキニン
・ヒスタミン
・セロトニン
・アセチルコリン
・プロスタグラジン

 

【血行が悪いと筋肉疲労が遅い?】

 

年齢を重ねると、実際に筋肉を酷使した日から数日しないと痛みを感じないことがあります。
しかし、現在のところ、この原因は解明されていません。

 

これは、普段から運動をしていない場合には、加齢で痛むとは限らないためです。
実年齢に関係なく、痛みを数日後に感じる人は多くいます。

 

基本的な見解としては、普段から運動をしない人は筋肉の血流が悪くなります。
よって、痛みの原因物質が血液のめぐりで脳に伝達されるのが遅れると考えられているのです。

 

このように、筋肉疲労が起こるメカニズムは、筋繊維と血液のめぐりが深く関係しています。筋肉疲労を引き起こしそうな激しい運動をした際には、痛みを感じる前にケアしましょう。具体的には、炎症を起こす前に筋肉をクールダウンすると効果的です。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

筋肉の疲労回復にはどのような食事が必要なのか知っておこう!
疲労の原因と症状と回復法についてあれこれです。
筋肉を疲労回復させてくれるオススメの飲み物は?
疲労の原因と症状と回復法についてあれこれです。