脳の疲労で認知症のリスクアップ!予防するための食べ物は?

スポンサードリンク

脳は、たとえ私たちが寝ている間も働き続けています。
そのメカニズムは簡単に言うと、「血液と酸素のスムーズな循環」です。

 

このメカニズムの保護のために一番有効なのは、食べ物で上手に脳の健康を保つことでしょう。
ここでは、脳を疲労から守り、健康な状態であるためにオススメの食べ物を紹介します。

 

【脳の疲労と認知症の関係】

 

しかし、ストレスが溜まりすぎたり、休養不足の場合は、脳が疲労してしまいます。
こうなると、脳神経が圧迫されて傷付きやすくなってしまうのです。
その状態が続くと、脳の老化が進み、記憶力や集中力が著しく低下してしまいます。

 

そして、もっと悪化すると新しく記憶することが難しくなる病気、「認知症」になってしまうのです。
つまり、「認知症」を予防するには「脳の神経細胞」を保護しなくてはいけません。

 

【脳の疲労回復に効果的な食べ物とは?】

 

◆チョコレート

 

脳の疲労には甘い物が効果的だという説は、耳にしたことがあると思います。
その中でも、特に効果が高いとされているのが、チョコレートです。

スポンサードリンク

 

〈有効成分と効能〉

 

@フラボノール

 

強力な抗酸化作用が期待できるポリフェノールの一種です。
この働きで、脳内の血液の流れを順調にしていきます。
これで、脳内の酸欠状態を予防して、栄養を行き渡らせて、認知症を予防できるのです。

 

Aデオプロミン

 

集中力や、記憶力アップしてくれる苦み成分のことです。
現在の研究では、カカオにしか含まれていないとされています。
脳細胞を活性化するので、やる気につながるアドレナリンを分泌しやすくしてくれます。

 

軽い興奮状態という意味では、カフェインと似ています。
しかし、カフェインほど強く作用しないので、睡眠を妨げる心配はないとされています。

 

◆キャベツ・ほうれん草(緑黄色野菜)

 

認知症の原因物質は、「β-アミロイド」だとされています。
これが体内で増加すると、脳神経を傷つけることになってしまうのです。
そして、その増殖に手を貸してしまうのが必須アミノ酸を作るのに欠かせない「ホモシステイン」です。
必須アミノ酸のためとは言え、過剰に摂取すると、リスクが大きいのです。

 

「必須アミノ酸を増やしながら、ホモシステインを抑えられないのか?」
この願いを叶えるために大切なのが、緑黄色野菜に多い「葉酸」という成分です。

 

野菜を摂れば、ホモシステインは「必須アミノ酸の生成」にのみ努めてくれます。
つまり、脳神経に対する影響をリセットすることができるのです。

 

もちろん、バランスの摂れた食事を心がけながら、これらの食べ物を取り入れましょう。
精神の苛立ちや、記憶力に不安を感じたときには参考にして下さい。
美味しく食べて、認知症予防にもなる心強い食べ物です。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加