ランニング 疲労回復 食事

ランニングの疲労回復は食事で工夫!持久系アミノ酸を取り入れて

スポンサードリンク

現在の健康ブームの後押しもあり、全国的にマラソン大会が開催されています。
脂肪の燃焼率が高く、特別な道具もいらないランニングは、まさに手軽なエクササイズです。
その手軽さとは裏腹に、全身の筋肉を使う全身運動になりす。

 

しかも、ランニングのようなハードな運動では、疲労物質になりやすいのです。
筋肉の快適な状態は、「グリコーゲン」と「ブドウ糖」で維持されます。
つまり、この2つの栄養素を不足させないことで、足に疲労を感じるのです。

 

【ランニングに欠かせないBCAAとは?】

 

フルマラソンを走り終えた後には、アドレナリンの分泌が急激におさまります。
そのため、想像を超える疲労感に襲われる人が多いのです。
そんな全身の疲労回復に、効果的な食事のメニューのポイントを知っておきましょう。
これで、あなたもランニングによる筋肉痛を何日も持ち越すことが少なくなります。

 

◆必須アミノ酸は体内ではできない

 

ランニングで、血液中の必須アミノ酸が不足してしまいます。
必須アミノ酸は、健康な身体を維持するのに欠かせない栄養素です。
しかしながら残念なことに、これは人間の身体で自然に作られることはありません。
意識して、毎日の食事で補う必要があるのです。

 

◆「BCAA」がポイント

 

必須アミノ酸の中でも、特に筋肉の健康を維持するのに大切な三種類があります。

 

・バリン
・ロイシン
・イソロイシン

 

これをまとめて、「持久系アミノ酸BCAA」と呼びます。
これらを含む食材を食事を摂ることで、筋肉の疲労回復を早めます。

スポンサードリンク

 

〇「BCAA」を多く含む食材

 

・まぐろ
・牛挽き肉
・鶏肉
・卵
・牛乳
・大豆
・チーズ
・鮭
・ほうれん草

 

【子供に人気のお弁当の定番メニューがベスト?】

 

子供達は、運動会や部活動でランニングの機会が多いものです。
我が子が少しでも早く走れる工夫をするなら、お弁当のメニューで差をつけましょう。

 

上記の食材を参考にして、子供に人気の高いメニューを考えてみます。

 

★鮭のおにぎり
★ほうれん草やチーズの入った卵焼き
★鶏の唐揚げ

 

これを中心に、サラダを加えるなどして栄養バランスを考えると簡単にできます。
さらに、味噌や醤油もBCAAが豊富なので、お弁当のメニューの隠し味に使うだけでも効果的です。

 

どうしても、ご飯よりもパンのお弁当が好きな場合は、食パンにもBCAAが豊富なのでオススメです。
サンドイッチなどに、チーズを入れるだけで筋肉疲労の解消が期待できます。
もちろん、デザートも必要でしょう。
そんな人には、コチラです。

 

・プルーンヨーグルト
・バナナ
・イチゴ
・ミカン

 

疲労回復のポイントは、なんと言っても食事にあります。
ここに挙げた食材は、私たちが日頃から親しんでいる物ばかりです。
それほど、頭を悩ませなくても、大丈夫なのだとホッとしますよね。
家族も子供も喜ぶお弁当を持って、健康的なランニングを楽しんでみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

疲労回復させる究極の食事メニューは和食だった!?
疲労の原因と症状と回復法についてあれこれです。