慢性疲労症候群 専門医 東京

東京で治療を受けられる慢性疲労症候群の専門医

スポンサードリンク

 複数の身体症状や他に併発している疾患とを鑑み、慢性疲労症候群を正しく診断し、治療を行う専門医は、全国的に見ても希少です。
東京都には係る慢性疲労症候群専門医が複数名おられ、東京都外からも多くの患者さんが治療に訪れます。
原因不明の強い疲労が半年以上続き、その為にいくつかの治療を受けても軽快しない状態を指して、症候群と呼びます。
疲労感が抜けない、いつもしんどい、と表現される状態とは明らかに異なる疾患です。
都心部に大病院が集中してはいますが、郊外にも専門に慢性疲労疾患を診断してくださる医師がおられます。
明らかな関節や筋肉の痛みを伴い、日常生活の活動量が制限される状況に対し、疾患として的確に診断が得られれば早期に治療を開始できます。

スポンサードリンク

 

慢性疲労という症候群は、時に寝返りさえ打つことが難しい程の肉体的痛みが発現するだけでなく、認知や健忘、アレルギー症状の発現と悪化も伴う為、しばしば精神疾患やアレルギー疾患の診断を受けることも、珍しくありません。
複数の診療科が連携した適切な治療にたどり着くことが遅れると、ますます症状を強めてしまう可能性もある為、慢性的な心身の疲労や痛みに対し、治療を受けているのに軽快しない場合は、疲労について専門的な外来や、相談窓口を設置する医療機関を訪れることをお勧めします。
米国には患者団体も存在する、比較的社会で認知される症候群ですが、日本での認知度はそこまで高くない現状である為、そうした症状について困ったら、一人で悩まず、患者相談窓口を設ける大学病院等で、専門的な治療を受けたいと相談することをお勧めします。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加