疲労の回復に効果的な寝方で寝起きがスッキリ!

スポンサードリンク

しっかり寝ているはずなのに、全く疲れが取れないこともあるでしょう。
それは、寝方に問題があるのかもしれません。
通常であれば、睡眠は疲労の回復に、欠かせないポイントです。
そのため、間違った寝方をしている場合、効果が期待できません。

 

そこで今回は、疲労の回復に効果的な寝方について、調べてみました。

 

 

【睡眠不足による疲労】

 

疲労の主な原因は、3つに分類可能です。

 

1.睡眠不足
2.栄養不足
3.肉体的疲労

 

 

睡眠が、しっかり足りていないと、疲労感を覚えやすくなります。
イライラしたり、暗い気分になったりするでしょう。
それは睡眠が不足することで、精神的なストレスへの抵抗力が落ちるためです。

 

睡眠不足は、ストレスへの抵抗力を弱めるだけではありません。
精神的ストレスの原因ともなってしまいます。
さらに、眠気というストレスとなって、悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサードリンク

【短時間で疲労を回復する方法】

 

睡眠不足の対策には、とにかく睡眠時間を確保することが、大事になります。
しかし、わかっていても、なかなか休めない場合が少なくありません。
そのような場合に、効果的な疲労回復法があります。

 

方法は、非常に簡単です。
30分くらい目を閉じて、休みます。

 

これだけで、効果的な疲労回復につながるでしょう。
横になる必要も、ありません。
ポイントは、30分という時間制限を守ることです。

 

とにかく、目を閉じてから30分しっかり眼精疲労を取り除きます。
眠れなくても時間を守ることが肝心です。
実際に眠りに落ちていなくても、目を閉じて休むことで、脳の休息が図れます。

 

【疲労回復に効果的な寝方】

 

もしも、ゆっくり睡眠の時間が取れるなら、疲労回復に効果的な寝方があります。
それは、うつ伏せになって休むことです。
うつ伏せになることで、胸を使う「胸式呼吸」が抑制されます。
そして、横隔膜が動くことで、深い「腹式呼吸」が可能となるのです。

 

睡眠時の腹式呼吸は、肺にタップリの空気を吸い込めます。
その結果、代謝量も向上するのです。
短い時間でも、疲労回復に効果のある、寝方となります。
睡眠の質が気になる方は、是非、寝方をうつ伏せ寝に切り替えてみましょう。

 

睡眠不足が続くと、疲労の回復を妨げます。
さらに、悪循環となって、疲労が深刻になるでしょう。

 

眠らなくても、30分だけ目を閉じて、うつ伏せになってみてください。
そして、ゆっくり深呼吸をするだけでも、疲労の回復が期待できます。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加