慢性疲労 プラセンタ注射

プラセンタ注射には慢性疲労症候群の改善効果も

スポンサードリンク

 慢性疲労症候群とは6か月以上原因不明の極度の疲労や倦怠感が続く病気です。
慢性疲労症候群を発症すると微熱が6か月以上続いたり、頭痛やのどの痛み、筋肉痛などの症状が現れたりすることもあります。
その他にも不眠や仮眠などの睡眠障害を起こしたり、うつ病や認知症に近い症状が現れたりすることもあります。
症状が重い場合はちょっと体を動かすだけでも苦労するので日常生活に支障をきたすこともあります。
慢性疲労症候群の原因はまだ明らかになっていませんが、ストレスが原因ではないかと考えられています。
ストレスは免疫力を低下させますが、免疫力が低下すると体内のウイルスの働きが活発になるのでそれを抑えるために免疫物質が過剰に作られるようになります。
その結果、この過剰な免疫物質が脳に影響を与えるようになるので極度の疲労などの様々な症状が現れるのではないかと考えられています。
また、慢性疲労症候群の患者には特定の遺伝子に異常が見られるというデータがあることから、遺伝的要因も原因の一つと考えられています。

スポンサードリンク

慢性疲労症候群の治療は薬物療法が基本です。
主に免疫力を高める効果がある漢方薬が使われますが、抗ウイルス薬や免疫調整剤が使われることもあります。
また、うつの症状がひどい場合は精神安定剤や抗うつ剤が使われることもあります。
慢性疲労症候群の治療にはプラセンタ注射も有効です。
プラセンタ注射にはアンチエイジング効果があることは知られていますが、その他にも免疫力を高める効果などもあるので慢性疲労症候群の治療効果も期待できるのです。
プラセンタはサプリメントなどから経口摂取することもできますし、サプリメントによる経口摂取でも効果があるというデータはあります。
しかし、プラセンタ注射の方が即効性があるので、できるだけ早く症状を改善したい場合はプラセンタ注射の方が効果的です。
高い治療効果が期待できるプラセンタ注射にはメルスモンとラエンネックの2種類がありますが、どちらも病院に行かないと受けることはできません。
プラセンタ注射には発熱や発疹などの副作用が現れることがたまにありますが、重篤な副作用が現れることはほとんどありません。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

うつ病と慢性疲労に効果的なブラセンター
疲労の原因と症状と回復法についてあれこれです。