慢性疲労症候群 漢方 東京

慢性疲労症候群に効く漢方を処方してもらえる東京の病院とは

スポンサードリンク

 慢性疲労症候群とは、原因不明の疲労感が長期間にわたって続く病気です。
慢性疲労症候群の症状としては、6ヶ月以上にわたる疲労感、微熱、筋肉痛、リンパ節の腫れ、疲労感から来る精神的落ち込みなどがあります。
内科的には検査しても何の異常もないことが多いため、他のどのような病気でもない場合に消去法的に診断されることが多いです。
原因がはっきりしないため、有効な治療法も少ないです。
うつ病とも違うため、抗うつ剤や抗不安薬などもあまり効きません。
また、休息をとりすぎるのは逆効果であることが少なくありません。
そんな中、慢性疲労症候群にある程度効果的とされているのが漢方です。
漢方はこうした不調によく効きます。
東京は漢方専門医も多いため、東京近郊の人は一度漢方専門医のもとを訪れてみるとよいでしょう。
東京は他のクリニックも多いので、漢方専門医でなくても慢性疲労症候群に詳しいドクターやクリニックに出会える可能性が高いです。

スポンサードリンク

自分の疲れがあまりにも長いようならば、慢性疲労症候群を疑い病院へいきましょう。
東京のクリニックで、慢性疲労症候群についてホームページに記載してあるクリニックならば診断がつきやすいのでおすすめです。
ただし、東京のクリニックでも千差万別なので、信頼できないと感じたら別のクリニックにうつるのがよいでしょう。
慢性疲労症候群に有効な漢方はいくつかあります。
症状にあわせたものを選ぶのがよいでしょう。
虚弱体質や疲労感、冷えや貧血に効くものもあれば、胃腸の弱りに効き消化機能を促進してくれるものもあります。
また、神経的症状や更年期障害のような不調に強いものもあります。
自分の症状に応じて服用するものを変えるとよいでしょう。
具体的にはドクターや薬剤師のすすめに応じるのが確実です。
もし効果に不安を感じたら、セカンドオピニオンを受けるのもよいでしょう。
東京には多くの病院があるのでそうした目的にも対応しているところが多いです。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加