疲労 原因 症状 回復法

疲労はなぜ蓄積するのか!その原因と症状と回復法とは? 

スポンサードリンク

 疲労はなぜ蓄積するのか!その原因と症状と回復法とは? 
【疲労の症状と種類】
 疲労は、健康な方の身体や精神に負荷がかけられた時に起こります。作業効率や生産活動が、一時的に低下する状態です。症状として、休息を求める欲求と倦怠感を伴います。

 

疲労は大きく3つに分類可能です。
・肉体的疲労
・精神的疲労
・神経的疲労

 

【疲労の原因】
 肉体的疲労の主な原因は、筋肉を動かすために必要なエネルギーの不足と、疲労物質である乳酸の蓄積です。燃料の切れた車が動かないのと同様、エネルギー不足の筋肉は力を発揮できません。さらに、糖質から分解されて生じる乳酸も疲労を促します。これらの原因により、疲れやだるさが現われるのです。
 同じ姿勢を取り続けることでも、乳酸は溜まってしまいます。しかも、筋肉は、適度に動かしていないと萎縮し、さらに弱くなるのです。運動しないと、より疲労しやすい身体を作ってしまうでしょう。
 精神的疲労は、対人関係や悩み事といったストレスが原因になる、心の疲れです。神経的疲労は、オフィスワークなどによって視神経や脳が緊張することで起きる、頭の疲れになります。
この3つの疲労は、互いに密接な関係にあります。そのため、見逃すと、余計に酷い疲労へと悪化してしまうのです。疲れが溜まってきたと感じたら、早めに解消することが重要になります。

スポンサードリンク

【疲労の回復法】
 疲労を回復させる方法には、以下のポイントが挙げられます。
・姿勢
・休養
・睡眠
・運動
・食事

 

【姿勢】
 長時間、同じ姿勢のままでいると、一部の筋肉が緊張します。そうなると、その部分に乳酸が蓄積されてしまうのです。
 さらに、使われていない筋肉は、血行が悪くなります。上手に乳酸が排出されないので、疲労が取れにくいでしょう。正しい姿勢を心がけることで、疲れにくい身体になります。

 

【休養】
 休養で心と体をリフレッシュする時間も、大事です。ぬるめのお風呂での入浴が、より効果的になります。

 

【睡眠】
 睡眠は、疲労回復の大きな鍵です。寝ている間に、脳や身体が休まるでしょう。明日への活力となるエネルギーを蓄える、大事な時間です。

 

【運動】
 適度な運動は、血液の循環を促し、内臓や筋肉を活性化します。疲れにくい健康な身体を作るためにも、欠かせません。運動の習慣がない方は、軽いストレッチやジョギングなどから始めてみましょう。

 

【食事】
 食事も、疲労回復には、重要なポイントです。過不足なく、栄養バランスの取れた食事を、意識することが大事になります。
 正しい疲労の回復法を心がけて、健康な生活を送りましょう。

スポンサードリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加